携帯ストラップ ソーラーチャージ ecoとは?

テレビCMやニュース番組でも取り上げられ有名になったエコグッズの携帯ストラップ「ソーラーチャージ eco」は、2008年2月5日に、株式会社StrapyaNextより発売されて以来、これまでの販売台数が累計98000個を超える超ビックヒットのエコグッズである。この携帯ストラップ「ソーラーチャージ eco」はエコストラップともいわれ、前面のソーラーパネルによりソーラー発電をしてくれる環境に優しい携帯ストラップである。また、携帯ユーザーをうならせる仕様となっていてACアダプタからの急速充電も可能。ソーラーチャージが対応している携帯キャリアは、ドコモFOMA、Softbankの3G、au用があり、残念ながらウィルコム用は販売されていない。またサンリオとのコラボによるハローキティバージョンのソーラーチャージが発売され、更に人気の火付け役となってるようだ。そんな携帯ストラップ「ソーラーチャージ eco」は、この2008年10月に「ソーラーチャージ eco2」としてリニューアルされる。「ソーラーチャージ eco2」は現モデルよりもソーラーパネルが約1.5倍となりフル充電から通話できる時間が40分から75分へと拡大されるとのこと。これからもエコグッズの牽引する商品として期待したい。

エコストラップ ソーラーチャージとエコグッズ

携帯ストラップ「ソーラーチャージ eco」はエコストラップと呼ばれるように非常にエコロジーに貢献しているアイテムだといえる。エコグッズと呼ばれるものは環境にやさしいものや、リサイクルされたもの、また自家発電のようにそれ自身がエネルギーを生むものが多い。限られたエネルギー資源を有効活用するには、ソーラーチャージのようにそれ自体がエネルギーを生むことが必要とされているのだろう。さて、エコストラップ「ソーラーチャージ」に代表されるエコグッズであるが、気になるエコグッズとして環境型通風乾燥機「エアドライ」というものがある。簡単に紹介すると、自宅で生ゴミを処理してくれるエコグッズだ。厳密にいうと、生ゴミを乾燥させて1/4にしてくれる。また処理後の生ゴミは遅行性肥料として再利用が可能なわけである。ソーラーチャージ同様おすすめしたいエコグッズである。

ソーラー発電におけるエコロジーの効果

ソーラー発電については以前からも注目されてきたが、携帯ストラップ「ソーラーチャージ eco」に代表されるように、これから益々身近なエコエネルギーになるだろう。実際に自宅にソーラー発電を設置した場合の効果であるが、消費者にまずうれしいのが、経済的な効果だろう。ソーラー発電のメーカ−にもよるが、年間の発電量が3223whというデーターもある。わかりやすく石油で例えると912リットルの換算となる。実際には地域にもより効果は様々であるが、ソーラー発電は地球にもやさしく、消費者にもやさしいエコエネルギーといえる。まだまだ、導入するには費用がかかるが、今後の技術発展に期待したい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。